インテグラルなセラピーへのブログ

インテグラル理論に基づく成長と覚醒への癒やしと学びに繋がるお話し

ダウジング・カウセリングのご案内

zoomセッション(現在募集停止)
60分・30分とお時間を選択いただけます。
お申込みの際に鑑定日時のご希望をお伝えくださいませ。
顔出し不要です。
じっくりとお話を伺いながら鑑定していきます。

・自分の悩みがまとまらない
・話や悩みをとにかく聴いて欲しい
・今後どうしていけば良いか話ながらアドバイスが欲しい
など、会話をしながら悩みを鑑定していきたい方向けです。

価格:60分 15,000円/30分 7,000円
※時間延長の場合には延長料金(15分4000円)を頂戴いたします

 

遠隔ダウジング(現在随時募集中)

上記の悩みをメールないしインスタDM

で鑑定した結果をお伝えします。

 

基本無料ですが、

個人の特定や同意のない文章の掲示はしませんが、

セッションのやり取りをブログで載せる可能性があります。

ですので公衆の面前で言えない悩みよりも、

他の人も疑問に思ってそうなことや、

色んな人に聞いたけどしっくりくる回答がない場合のご依頼をオススメします。

 

お問い合わせ、セッション依頼は以下からお願いします。

Instagram

㏋: integralhealingsalon

四象限のお話 Part3 本当の問題が見えなくなるのはなぜ?

前々回前回からの続きです。

無境さんとの対談をしていよいよPart3が投稿されました。

youtu.be

ここのPartだけ長かったり游がマイクを落として
音声設定をミスっていたことに氣づいて
急に音質が良くなるなどありますが、

結構四象限を学んだり、意識した取り組みをしたからこその
経験談や補足をしていこうと思います。

続きを読む

四象限のお話 Part1

Part1の感想と補足
久しぶりに無境さんと対談しました。
改めて見ると
インスタやブログなど書きたいことを書き続ける傾向にあって、
伝えるという視点が抜ける癖が
動画にもあったので、
ここで解説みたいなことをまた書いていきます。

続きを読む

発達段階レッドの幼稚なおばさん

最近過去職場の問題人物ばかりあげましたが、
場所を変えて前にあったシェアハウスの住人とのトラブルについて書いていこうと思います。

今回も発達に紐付けた解釈と自分なりの氣づきをアウトプットする形になります。

続きを読む

トラウマを否定するトラウマ被害者に告ぐ

今日の供養はおこぼれ乞食社長支配した女管理職についてです。
(この名称の意味は各リンク先記事へ)

彼女はとあるマルチの会員で
岸見理論のアドラー心理学コーチングを学んで実行していました。

批判も客観的な視点が一切ない
自分と身内だけには全肯定の気持ち悪さだけでなく、
他人を誘導して支配するスタイルのコーチングは不愉快でしたが、
そもそもトラウマなんてないと
真実を否定する馬鹿な所も不愉快でした。


和多志は嫌われる勇気はもちろん読みましたし、
岸見理論に汚染されていない
アドラーの原著も複数読みました。

そしてその管理職の女がトラウマの存在を否定してる癖に
トラウマの影響をもろに受けて拗らせて、
乞食社長を支配してエゴや問題を助長している愚行が
何故起きたのかをまとめたり、追加鑑定したことを載せてみます。

続きを読む

ずるい言葉からみた悪意とエゴ

過去の記事で吸血鬼や悪意に対して
和多志は「ずるい言葉」とよく使っています。

これは相手を不利にさせたり
自分の立場を不当にあげたりして
エゴまみれの偏見、思い込み、支配欲を満たす
言葉と考えています。

要は正しくないとみたらわかることを
言葉を使って正当性があるように見せたり、
正しい論理以外に焦点をずらす
汚い人間が使う言葉と言えます。

これはある本を読んで影響を受けたので、
そのまとめや自分なりの知識で
精神世界や見えざる部分により深く切り込んだ内容を創りました。

続きを読む

他人に主導権を明け渡す社長を分析したこと

今回のタイトルは以前書いた↓
メサイアコンプレックスを拗らせた前職場の社長(理学療法士)のことなのですが、

 

integraltherapy.hatenablog.com

 


彼の問題は他にもあって、

・カルト系導師のコミュニティに10年所属していた
・女看護師で管理職の尻に敷かれていた
・困難があればどうしたらいい?が口癖
モラハラなどで他人を支配しようとする

ことがありました。

分かりやすく言えば、

誰かに依存して主導権を明け渡す、
(だから何も学ばないし、おこぼれ乞食になり奪う側の人間しか近寄らない)
他人に依存して自分で何も決めれない
社長失格の弱者と言いたいところです。

これを和多志自身、自分がきちんと向き合えていない所を
理解し、業解消と繋げるために、
今回も色々鑑定した結果
出てきた内容をまとめた成果を記事に出してみました。

続きを読む

呪術や魔術を留年してる大人達

救世主コンプレックスを拗らせた社長や自意識過剰な大人こどもの話から、

彼らは自分が特別だということを拗らせていますが、

逆に和多志達はなぜ普通でいられるのか疑問に思いました。

そして彼らは彼らで問題なのですが、
多くの人々がインテグラル理論のマゼンタ
という部分の発達が疎かになっている可能性が出ました。

続きを読む

代替療法からみた肝臓について

久しぶりに整体をしてアウトプットする機会があったのですが
伝えたかったけれど時間の都合上言えなかったことが多くあったので、
調べ直せる範囲でまとめてみました。

続きを読む

自意識過剰の嘘つき

フォロワーの傾向や知り合いからすると
和多志はどうも冗談を言うのが苦手でもあり、
冗談だとわかっていても、
事実とは違うお世辞や誇張表現を聞くのが
苦痛になっています。

そんな中、和多志を悩ませる人が最近いて、
これがどうもカルマ案件なのか、昔同じような
嘘をつかれたり、本音を隠しされて
最後離れる時に捨てセリフを吐かれるなど
自分への攻撃が酷いケースがまた出たので、
ここいらで言語化して
(和多志自身の)カルマ解消に繋がればと思います。

続きを読む

信頼できるヒーラーのボトルネック

理学療法士が量産されているのに対して、
霊能力を保持したセラピストやヒーラーは物凄く少ないです。

また霊能力がないのに霊能力があると誤解するのは仕方ないですが、
以前書いたように問題のあるセラピストをこんなもんと思われると、
治療家の意識レベルや靈各が上がらない、寧ろ下がり続ける問題があるので、
ある書籍より信頼できるヒーラーについて参考にしようと思います。

ですがこの条件全部当てはまらないとヒーラーじゃないというのは、
おでこが凹んでないからお前は覚醒してないと決めつける馬鹿みたいなので、
それぞれの要素間の繋がりや、
多くの人が何故信頼できないヒーラーを誤信するのかと関連して書いていこうと思います。

続きを読む

第三の目覚醒で悟れるというデマ

今回は珍しくレベルの話ではなく、
覚醒や目覚めの話について書いていこうと思います。

ある記事を読んで、第三の目について色々言われていますが、
こちらから第三の目とは何かを教えるよりも、
既存の常識やそれらに対する自分なりの
突っ込みを書いていこうと思います。
(引用先は内密にしています)

続きを読む

霊能者の体型に疑問を持った人が書いた記事

前回偽物と本物戦争は
真善美どれに比重を置くかで開戦されると書きました。

 

integraltherapy.hatenablog.com

今回取り扱う指標は靈能者の体型です。

こちらの動画を見て

youtu.be

霊能者はデブになりやすいという意見から

いやいや、五井先生古川社長の靈能力は本物だけど、
全然太っとらんし寧ろ細身やし、
デブになるのはニセモンやからやろ

と突っ込んだものの、動画の内容とコメントから

どうも

デブの霊能者は偽物

とバッサリ切るよりも

実際に靈能力が本物で大きい、太い人も僅かにいたので、

この霊能者の体型について四象限で捉えてみることにしました。

続きを読む

贋作で目が肥えてしまったスピリチュアル・霊能業界へ

ダウジングキネシオロジーを使っていると、
何が正しいのか、自分が何をするべきなのか
筋反射で教えてくれることがありますが、
その結果は全員にとってなのか、術者だけなのか
行動して、結果を評価して、鑑定内容との差異
を見ないとわからないです。

 

正直占いや靈視とかになりますと
仮説も立てなくて
術者と受け手の主観と印象という価値観
で全てが決まるようなものです。

続きを読む